消化器領域のトップジャーナルの1つである『Gut』に掲載された最新論文から、注目の論文アブストラクトを日本語版としてお届けします。

  • Gut直近号を含む3号の原著の中から、日本語版の編集委員長が論文を選択し、監修
  • 毎号6~8報のアブストラクトと図表を掲載
  • 今後の公開予定:2020年5月、8月、11月
    詳しい公開日は"Clinical Newswire"のホームページをご覧ください。
    https://www.clinicalnewswire.com/

はじめに

Gut誌に掲載された優れた論文の中から抄訳論文を選択するにあたり、ヒトを対象とし、わが国にも重要な意義を持つ臨床研究論文であることを基準とした。消化器病学の最新動向を把握する一助となれば幸いである。

Gut日本語版 編集委員長 菅野 健太郎(自治医科大学名誉教授)

CONTENT

Vol.3 No.3

Neurogastroenterology

IBSにおける腸管バリア機能不全と症状重症度の管腔内メディエーターとしてのセリンプロテアーゼ

Serine proteases as luminal mediators of intestinal barrier dysfunction and symptom severity in IBS

Shoko Edogawa,1 Adam L Edwinson,1 Stephanie A Peters,1 Lakshmikanth L Chikkamenahalli,1 Wendy Sundt,1 Sara Graves,1 Sakteesh V Gurunathan,1 Margaret Breen-L yles,1 Stephen Johnson,2 Roy Dyer,3 Rondell Graham,4 Jun Chen,5 Purna Kashyap,1 Gianrico Farrugia,1 Madhusudan Grover1

Inflammatory bowel disease

回腸型クローン病におけるT細胞クローン増殖は喫煙行動と術後再発に関連する

T cell clonal expansions in ileal Crohn’s disease are associated with smoking behaviour and postoperative recurrence

Matthieu Allez,1,2 Claire Auzolle,1 Marjolaine Ngollo,2 Hugo Bottois,2 Victor Chardiny,2 Ana Maria Corraliza,3 Azucena Salas,3 Kevin Perez,2 Carmen Stefanescu,4 Stéphane Nancey,5 Anthony Buisson,6 Benjamin Pariente,7 Mathurin Fumery,8 Harry Sokol,9 Xavier Tréton,10 Nicolas Barnich,11 Philippe Seksik,12 Lionel Le Bourhis,2 REMIND Study Group

1 2 3 4 12