消化器領域のトップジャーナルの1つである『Gut』に掲載された最新論文から、注目の論文アブストラクトを日本語版としてお届けします。

  • Gut直近号を含む3号の原著の中から、日本語版の編集委員長が論文を選択し、監修
  • 毎号6~8報のアブストラクトと図表を掲載
  • 今後の公開予定:2020年2月、5月、8月
    詳しい公開日は"Clinical Newswire"のホームページをご覧ください。
    https://www.clinicalnewswire.com/

はじめに

Gut誌に掲載された優れた論文の中から抄訳論文を選択するにあたり、ヒトを対象とし、わが国にも重要な意義を持つ臨床研究論文であることを基準とした。消化器病学の最新動向を把握する一助となれば幸いである。

Gut日本語版 編集委員長 菅野 健太郎(自治医科大学名誉教授)

CONTENT

Vol.3 No.2

Endoscopy

リアルタイム自動検出システムは大腸内視鏡検査によるポリープおよび腺腫の検出率を高める:前向き無作為化対照試験

Real-time automatic detection system increases colonoscopic polyp and adenoma detection rates: a prospective randomised controlled study

Pu Wang, 1 Tyler M Berzin, 2 Jeremy Romek Glissen Brown, 2 Shishira Bharadwaj,2 Aymeric Becq,2 Xun Xiao,1 Peixi Liu,1 Liangping Li,1 Yan Song,1 Di Zhang,1 Yi Li,1 Guangre Xu,1 Mengtian Tu,1 Xiaogang Liu 1

Gut microbiota

食事性脂肪が腸内細菌叢と糞便中代謝物に及ぼす影響および心血管代謝危険因子との関連:6ヵ月間無作為化対照給餌試験

Effects of dietary fat on gut microbiota and faecal metabolites, and their relationship with cardiometabolic risk factors: a 6-month randomized controlled-feeding trial

Yi Wan,1 Fenglei Wang,1,2 Jihong Yuan,3 Jie Li,3 Dandan Jiang,3 Jingjing Zhang,4 Hao Li,1 Ruoyi Wang,1,2 Jun Tang,1 Tao Huang,5 Jusheng Zheng,6 Andrew J Sinclair,7 Jim Mann,8 Duo Li1,9

Gut microbiota

ヒトおよび無菌マウスにおけるTMAOを産生する表現型と宿主–食事–消化管ディスバイオシスのカルニチン負荷試験による同定

Identification of TMAO-producer phenotype and host–diet–gut dysbiosis by carnitine challenge test in human and germ-free mice

Wei-Kai Wu,1,2 Chieh-Chang Chen,3 Po-Yu Liu,4,5 Suraphan Panyod,2,6 Ben-Yang Liao,7 Pei-Chen Chen,2 Hsien-Li Kao,3 Han-Chun Kuo,8,9 Ching-Hua Kuo,8,9 Tina H T Chiu,10 Rou-An Chen,2 Hsiao-Li Chuang,11 Yen-Te Huang,11 Hsin-Bai Zou,12 Cheng-Chih Hsu,12 Ting-Yan Chang,7 Chin-Lon Lin,13 Chi-Tang Ho,14 Hon-Tsen Yu,4,5 Lee-Yan Sheen,2 Ming-Shiang Wu3,6

1 2 3 4 11