消化器領域のトップジャーナルの1つである『Gut』に掲載された最新論文から、注目の論文アブストラクトを日本語版としてお届けします。

  • Gut直近号を含む3号の原著の中から、日本語版の編集委員長が論文を選択し、監修
  • 毎号6~8報のアブストラクトと図表を掲載
  • 今後の公開予定:2018年5月

はじめに

Gut誌に掲載された優れた論文の中から抄訳論文を選択するにあたり、ヒトを対象とし、わが国にも重要な意義を持つ臨床研究論文であることを基準とした。消化器病学の最新動向を把握する一助となれば幸いである。

Gut日本語版 編集委員長 菅野 健太郎(自治医科大学名誉教授)

CONTENT

Vol.1 No.3

Inflammatory bowel disease

クローン病は分子病態により2つの臨床的意義を持つサブタイプに分類される

Molecular classification of Crohn’s disease reveals two clinically relevant subtypes

Matthew Weiser,1,2 Jeremy M Simon,1 Bharati Kochar,2,3 Adelaide Tovar,3,4 Jennifer W Israel,1 Adam Robinson,3 Gregory R Gipson,3 Matthew S Schaner,3 Hans H Herfarth,3 R Balfour Sartor,3 Dermot P B McGovern,5 Reza Rahbar,6 Timothy S Sadiq,6 Mark J Koruda,6 Terrence S Furey,1,2,7 Shehzad Z Sheikh1,2,3,4

Pancreas

膵管腺癌と慢性膵炎を識別するための代謝バイオマーカーシグネチャー

Metabolic biomarker signature to differentiate pancreatic ductal adenocarcinoma from chronic pancreatitis

Julia Mayerle,1,2 Holger Kalthoff,3 Regina Reszka,4 Beate Kamlage,4 Erik Peter,4 Bodo Schniewind,3 Sandra González Maldonado,5 Christian Pilarsky,6 Claus-Dieter Heidecke,7 Philipp Schatz,4 Marius Distler,8 Jonas A Scheiber,1 Ujjwal M Mahajan,1,2 F Ulrich Weiss,1 Robert Grützmann,6 Markus M Lerch1

Inflammatory bowel disease

東アジアのIBD患者ではFTOの遺伝子コーディング領域変異がチオプリン誘発性白血球減少症に対する感受性を高めている

A coding variant in FTO confers susceptibility to thiopurine-induced leukopenia in East Asian patients with IBD

Han Sang Kim,1,2 Jae Hee Cheon,2,3 Eun Suk Jung,1,3 Joonhee Park,1 Sowon Aum,1 Soo Jung Park,3 Sungho Eun,1 Jinu Lee,4 Ulrich Rüther,5 Giles S H Yeo,6 Marcella Ma,6 Kyong Soo Park,7 Takeo Naito,8 Yoichi Kakuta,8 Ji Hyun Lee,9 Won Ho Kim,3 Min Goo Lee1,2

1 2 3 4